化学療法のレジメ講座 | 抗癌剤併用レジメの投与法を解説します。

IRIS

phase II/III

*S-1の用量は体表面積(m2)により調整
<1.25=40mg×2; 1.25-<1.50=50mg×2; ≧1.50=60mg×2

Muro K, et al.: Lancet Oncol. 11(9): 853-860, 2010

S-1は5-FUのプロドラッグであるテガフールに、ギメラシルとオテラシルカリウムを配合した経口抗癌剤である。結腸・直腸癌におけるS-1単剤の有効性については、国内後期第II相A試験で奏効率36.1%、後期第II相B試験では39.5%の奏効率が得られている1)

IRISはCPT-11 + S-1療法の代表的なレジメンで、CPT-11をday 1と15に、S-1をday 1-14に投与しday 15-28に休薬する4週を1サイクルとする治療法である。

有効性のデータを見る 安全性のデータを見る 

■有効性

2nd-lineにおける有効性:FIRIS試験

2005年、切除不能進行・再発大腸癌の標準的治療のひとつであったFOLFIRI (5-FU/LV + CPT-11) を対象として、IRISの非劣性を検証するために、2nd-lineにおける大規模無作為化比較第II/III相試験 (FIRIS試験)2) が開始された。本試験におけるIRIS群の各薬剤の用量はCPT-11: 125mg/m2、S-1: 40-60mg×2/dayに設定された。
その結果、主要評価項目であるPFS (progression-free survival) の中央値はFOLFIRI群が5.1ヵ月であるのに対し、IRIS群では5.8ヵ月であり (HR=1.077, 95% CI: 0.879-1.319)、FOLFIRIに対するIRISの非劣性が証明された。

1st-lineにおける有効性:HGCSG0302試験

初回治療例に対するIRISの有用性については複数の報告がある。北海道消化器癌化学療法研究会による第II相試験 (HGCSG0302試験)ではCPT-11の用量を100mg/m2とし、奏効率52.5%、PFSの中央値8.6ヵ月、overall survival (OS) の中央値23.4ヵ月という成績が得られた3)

  2nd-line
(FIRIS, phase II/III)
2)
1st-line
(HGCSG0302, phase II)
3)
PFS中央値 5.8ヵ月 8.6ヵ月 [95% CI: 5.3-11.9]
OS中央値 19.5ヵ月 23.4ヵ月 [15.9-30.8]
奏効率 18.8% 52.5% [36.1-68.5]

■安全性

FIRIS試験

Grade 3/4の有害事象の発現頻度の比較・検討では、好中球減少はFOLFIRI群で有意に高く (FOLFIRI: 52.1% vs. IRIS: 36.2%, p=0.0012)、下痢はIRIS群で有意に高かった (4.7% vs. 20.5%, p<0.0001)。

  FOLFIRI (n=211) IRIS (n=210)
全grade Grade 3 Grade 4 全grade Grade 3 Grade 4
好中球減少 179 76 34 139 54 22
白血球減少 170 32 1 154 32 6
貧血 115 13 1 156 19 2
血小板減少 63 1 1 74 0 0
下痢 125 10 0 167 43 0
疲労 144 7 0 153 18 0
発熱性好中球減少症 3 2 0 10 10 0
粘膜炎/口内炎 92 1 0 102 6 0
食欲不振 129 11 0 141 23 0
悪心 111 9 0 99 4 0

HGCSG0302試験

最も多くみられたgrade 3/4の有害事象は好中球減少 (45.0%) であり、続いて白血球減少 (27.5%)、貧血 (27.5%) であった。Grade 3/4の非血液毒性としては、下痢 (15.0%)、悪心 (12.5%) がみられた。

  n=40
Grade 1 Grade 2 Grade 3 Grade 4
血液毒性
 白血球減少 4 12 9 2
 好中球減少 8 5 14 4
 貧血 7 10 10 1
 血小板減少 9 2 1 0
非血液毒性
 悪心 21 8 5 0
 嘔吐 12 3 2 0
 下痢 12 6 6 0
 口内炎 6 3 1 0
 発熱性好中球減少症 - - 2 1
 皮疹 3 3 1 0
 脱毛 20 14 - -
 肝機能不全 12 3 0 0
 クレアチニン増加 5 0 0 0

Reference

  • 1) ティーエスワン医薬品インタビューフォーム 2010年7月改訂 (改訂第17版)
  • 2) Muro K, et al.: Lancet Oncol. 11(9): 853-860, 2010[PubMed][論文紹介
  • 3) Komatsu Y, et al.: Oncology 80(1-2): 70-75, 2011[PubMed
関連リンク
他のレジメ一覧
このページのトップへ
PharMa International Inc.
Copyright (c) PharMa International Inc. All rights reserved.

GI cancer-net
消化器癌治療の広場

Supported by 武田薬品工業

Copyright © PharMa International Inc. All rights reserved.