化学療法のレジメ講座 | 抗癌剤併用レジメの投与法を解説します。

FOLFIRI

 

*CPT-11の日本での承認用量は150mg/m2、90min投与

Tournigand C, et al.: J Clin Oncol. 22(2): 229-237, 2004

ヨーロッパにおいて、LV/5-FU (5-FU持続点滴静注 de Gramont regimenあるいはAIO regimen) にCPT-11を併用するphase IIIが行われ、RR、MST、TTPともにLV/5-FUより優れた成績が得られた1)
2日間の5-FU持続静注+LVにCPT-11を併用するregimenをFOLFIRIと総称としているが、その後改良regimenとして、FOLFIRI 2、FOLFIRI 3が発表された。

有効性のデータを見る 安全性のデータを見る 

■有効性

オリジナルのFOLFIRIについては、進行・再発大腸癌患者に対し、1st-line FOLFIRI→2nd-line FOLFOX 6でOS中央値21.5ヵ月、1st-line FOLFOX 6→2nd-line FOLFIRIでOS中央値20.6ヵ月と優れた成績が報告されている2)
FOLFIRI 2は、5-FU持続静注の後にCPT-11を投与する方法であり、5-FUとL-OHPの前治療を有する進行・再発大腸癌患者29例に対する奏効率は17% (5/29)、PFS中央値は4.1ヵ月、OS中央値は9.7ヵ月であった3)。なお、このregimenではhydroxyurea 1,500mgを3回投与する。
FOLFIRI 3は、FOLFOXを前治療に含む進行・再発大腸癌65例に対する奏効率が23%、PFS中央値が4.7ヵ月と報告された4)。このregimenでは、5-FU持続静注の前後にそれぞれCPT-11を投与する。

  FOLFIRI
(1st-line)
FOLFIRI2
(2nd-line)
FOLFIRI3
(2nd-line)
奏効率 (%) 56 17 23
PFS中央値 (月) 8.5 4.1 4.7
OS中央値 (月) 21.5 9.7 10.5

■安全性

オリジナルのFOLFIRIの1st-lineにおけるgrade 3/4有害事象では、発熱性好中球減少症、悪心・嘔吐、粘膜炎、疲労がFOLFOX6に比べて有意に多かった2)
また、FOLFIRI2のgrade 3/4の有害事象としては、好中球減少が52%、下痢が31%にみられた。 FOLFIRI3のgrade 3/4の有害事象もFOLFIRI2と同様に、好中球減少、下痢悪心・嘔吐の順に多くみられた4)

(%) FOLFIRI (n=110) FOLFIRI2 (n=29) FOLFIRI3 (n=65)
Grade 3 Grade 4 Grade 3 Grade 4 Grade 3 Grade 4
好中球減少 15 9 21 31 26 11
血小板減少 0 0 0 0 3 0
貧血 2 1 0 0 2 2
発熱性好中球減少症 4 3   14 2 3
悪心・嘔吐 21 2 17 0 17 0
下痢 9 5 28 3 22 1
粘膜炎 10 0 14 0 5 2

Reference

  • 1) Douillard JY, et al.: Lancet. 355(9209): 1041-1047, 2000[PubMed
  • 2) Tournigand C, et al.: J Clin Oncol. 22(2): 229-237, 2004[PubMed
  • 3) Mabro M, et al.: Am J Clin Oncol. 26(3): 254-258, 2003[PubMed
  • 4) Mabro M, et al.: Br J Cancer. 94(9): 1287-1292, 2006[PubMed
関連リンク
他のレジメ一覧
このページのトップへ
MEDICAL SCIENCE PUBLICATIONS, Inc.
Copyright(C) MEDICAL SCIENCE PUBLICATIONS, Inc. All Right Reserved.

GI cancer-net
消化器癌治療の広場

Supported by 武田薬品工業

Copyright © PharMa International Inc. All rights reserved.