ケースカンファレンス〜トップオンコロジストはこう考える〜

日常診療で遭遇する症例を取りあげ、トップオンコロジストが治療方針を議論するケースカンファレンスをお届けします。

  • 牧山 明資 先生牧山 明資 先生
  • 加藤 健 先生加藤 健 先生
  • 門脇 重憲 先生門脇 重憲 先生
  • 砂川 優 先生砂川 優 先生

【CASE6】2017年10月開催
PS不良の大腸癌多発肝転移例に対する治療戦略

【論点】
 ・盲腸癌多発肝転移例(Stage IV)の治療をどのように進めるか?
 ・盲腸原発巣切除後の多発肝転移増悪に対する治療をどのように進めるか?
 ・S状結腸癌多発肝転移で黄疸がある場合の治療をどのように進めるか?

  • 牧山 明資 先生牧山 明資 先生
  • 加藤 健 先生加藤 健 先生
  • 小 雅人 先生小 雅人 先生
  • 坂井 大介 先生坂井 大介 先生

  • 牧山 明資 先生牧山 明資 先生
  • 加藤 健 先生加藤 健 先生
  • 黒川 幸典 先生黒川 幸典 先生
  • 坂井 大介 先生坂井 大介 先生

【CASE4】2017年8月開催
RAS遺伝子変異型、局所進行、S状結腸癌に対する治療戦略

【論点】
 ・局所進行性大腸癌の1st-lineとしてどの化学療法レジメンを選択するか?
 ・原発巣の部位(左側/右側、結腸/直腸)でレジメンは使い分けるか?
 ・2nd-lineにおける血管新生阻害薬をどのように使い分けるか?

  • 砂川 優 先生砂川 優 先生
  • 谷口 浩也 先生谷口 浩也 先生
  • 佐藤 武郎 先生佐藤 武郎 先生
  • 工藤 敏啓 先生工藤 敏啓 先生

【CASE2】2017年6月開催
肝多発転移・肺転移を有する直腸癌に対する治療戦略

【論点】
 ・同時多発肝転移・肺転移を有する直腸癌に対してどのような治療を行うのか?
 ・病変を全て切除した後に化学療法を行うのか?

【CASE1】2017年6月開催
経口摂取不良の切除不能胃癌に対する治療戦略

【論点】
 ・1st-lineとしてどのような治療を選択するか?
 ・2nd-lineに移行すべきか?移行する場合はどのレジメンを選択するか?
 ・胃原発巣からの出血に対してどのように対応するか?

  • 設樂 紘平 先生設樂 紘平 先生
  • 沖 英次 先生沖 英次 先生
  • 山ア 健太郎 先生山ア 健太郎 先生
  • 結城 敏志 先生結城 敏志 先生
このページのトップへ
MEDICAL SCIENCE PUBLICATIONS, Inc
Copyright © MEDICAL SCIENCE PUBLICATIONS, Inc. All Rights Reserved

GI cancer-net
消化器癌治療の広場